飲食店の売上管理はこれを導入|ササッと会計が終わる

会社を作る手段

オフィス

設立するにもお金が掛かる

会社設立というのは、法人格にするということですが、法人格といってもさまざまな種類があります。一般的に会社と呼ばれるのは株式会社のほか合名会社、合資会社、合同会社の4種類があります。一般的な会社といえば株式会社ですが、会社設立をする際には手続き上、費用が発生します。会社設立に掛かる費用は会社の種類によって異なりますが、基本的な費用の仕組みとしては登録免許税と定款印紙税があります。登録免許税は法務局への登録をすることで、これにより法人格が与えられるというものです。一方で会社は一定のルールを定める必要があり、それが定款と呼ばれるものです。この定款に法的効力を持たせるためには印紙税が必要になります。会社設立の具体的な費用としては、株式会社は登録免許税が15万円、定款印紙税が4万円でこのほか定款認証胃費用として5万2千円で、合計で24万2千円が最低限必要です。一方で、合同会社、合資会社、合名会社では登録免許税が6万円、定款印紙税が4万円で合計で10万円が最低限必要になります。このほか会社設立の手続きを業者に外注すれば、そのための費用も必要になってきます。一方で株式会社は他の法人格への変更は不可能ですが、合同会社、合資会社、合名会社の場合には株式会社への転換が可能です。特に合同会社は手続きが簡略されて設立がし易い方法ですので、法人格だけ必要といった場合にはまずは合同会社で法人格を得て、事業が上手く軌道に乗れば株式会社に転換するといった方法で会社設立時の費用を抑えることができます。