飲食店の売上管理はこれを導入|ササッと会計が終わる

集患効果を目指すイベント

歯科医

住民との間に親近感を生む

歯科医院が新規に開業する際、しばしばそのお披露目を兼ねたイベントが開催されます。それが内覧会です。内覧会は、事前にポスティング等で告知を行い、地域の人々に医院を一般開放するイベントです。待合室や診療室、治療機器等を見学してもらったり、院長による診療方針についての説明が行われたりします。子供向けの記念撮影会や、記念品のプレゼントといった企画もあります。歯科医院がこうしたイベントを行うのは、その業種の特殊性が大きな理由となっています。歯科をはじめとする医療機関が広告活動を行う際、その内容は法律による規制を受けます。そのため、それぞれの医療機関ごとの理念や独自性などを広く知らせるための機会があまりありません。加えて歯科医院の場合は予約診療が原則であるため、患者は事前情報をほとんど持たない状態で通院先を選び、予約電話をかけることになります。こうした環境のもとで、医院の存在を知らしめ、その特徴を理解してもらう格好の機会となるのが内覧会なのです。一度も訪れたことのない医療機関を受診する際には不安がつきものです。しかし歯科医院は「痛くならなければ行かないところ」というイメージが一般的です。そんな中で、院内環境をつぶさに知ってもらい、スタッフと交流してその人柄に触れてもらえる内覧会の開催は、親近感を醸成し、集患を増やすのに役立ちます。近年は、内覧会の開催を専門に請け負うサービス事業者も登場しています。予算や地域特性、クリニックの特色などに応じてさまざまな実施プランを提供しています。